米クアルコムは15日(現地時間)、同社製のモバイルプラットフォーム「Snapdragon」シリーズが、10周年を迎えたことを発表しました。

初代Snapdragonは、“スマートフォン向けプロセッサ” として10年前に登場して以来、様々な機能を統合したSoCとして改良を続ける中で、ついに今年3月には、プロセッサという枠から飛び出し、「モバイルプラットフォーム」へと進化を果たしました。

また、初代モデルには「65nm」プロセスが採用されていましたが、「10nm FinFET」プロセスで製造される現行シリーズの登場までに、半導体のプロセスルールは、5世代の微細化を重ねています。

なお、今回新たに発表されたところによると、“Snapdragonシリーズを搭載したWindows PC” は、来年の早い時期に発売される予定とのこと。

スマートフォンを出発点として、タブレットやスマートウォッチ、ウェアラブルデバイスに自動車など、その生息域を拡大させ続けてきたSnapdragonシリーズですが、もう間もなく新たな領域へと進出することとなるようです。

[クアルコム via Android Central]