Xperia Blogは11月30日(現地時間)、Xperiaシリーズの次世代フラッグシップモデルと見られる端末のスペック情報が、新たにリークされたことを伝えています。

リークされたスペック情報によると、「H8541」という型番を持つ端末には、5.7インチのHDR表示対応ディスプレイが搭載されるとのことですが、解像度については「4K」とだけ記述されており、ディスプレイのアスペクト比については謎に包まれています。

一方で、次世代Xperiaシリーズにおいて、ディスプレイのアスペクト比が16:9から18:9に変更されることを示唆する有力な情報などは、これまでにリークされていません。

また、アスペクト比が変更されていないと仮定した場合、新たに判明した「149(W) × 74(D) 7.5(H) mm」という外形寸法から、H8541は現行Xperiaシリーズから大幅なベゼルレス化が図られていることとなります。

「Xperia XZ Premium」には、4K(3840×2160)解像度の5.5インチディスプレイが搭載されていますが、今回新たに有志が作成したH8541とのサイズ比較画像を見ても、その差は一目瞭然です。

なお、今年9月には、ソニーの次世代フラッグシップスマートフォンには、長らく採用されてきた「オムニバランスデザイン」とはまったく異なるデザインコンセプトが採用されることが、公式に明言されています。

一方で、H8541には、「Snapdragon 835」が搭載されている模様。そのほかのスペックについても、前述のXperia XZ Premiumや現行フラッグシップモデル「Xperia XZ1」と大差ありません。

H8541が登場する2018年上半期には、既に「Snapdragon 845」搭載機が市場に登場し始めているはずの時期であり、Snapdragon 835では、来年のフラッグシップモデル市場で闘うには力不足な感は否めないだけに、今回の情報がすべて事実ではないことに期待したいところです。

[Xperia Blog]