Android Crunchは19日(現地時間)、FCC(連邦通信委員会)のデータベース上に、新たに「Nokia 9」と見られる端末「TA-1005」の資料が公開されたことを伝えています。

公開された資料の中には、TA-1005の仕様に関するデータも含まれており、ディスプレイやプロセッサ、ストレージおよびバッテリー容量など、一部の仕様が判明しました。

以下は、資料に確認されたTA-1005の主なスペック。

ディスプレイ 5.5インチ 有機ELディスプレイ
SoC Qualcomm オクタコア Snapdragon 835(MSM8998)
ストレージ 128GB UFS 2.1
メインカメラ デュアルカメラ
(約1,200万画素 + 約1,300万画素)
フロントカメラ 約500万画素
バッテリー 3,250mAh

ディスプレイの解像度やアスペクト比、RAMの容量や搭載OSのバージョンなど、幾つかの重要な情報は欠けているものの、Nokia 9の大まかな全体像が垣間見えてきます。

また、プロセッサには、最新フラッグシップSoC「Snapdragon 845」ではなく、「Snapdragon 835」が搭載されている模様。直近の情報によると、Nokia 9は、来月19日に発表される見通しとのことですが、その情報を信じるならば、Snapdragon 845が搭載される可能性には期待できそうもありません。

一方で、TA-1005が、本当にNokia 9であるかどうかは分かりません。Nokia 9は、「Nokia 8」および「Nokia 6」の次世代モデルと同時に発表されるとも噂されており、あるいはTA-1005は、新型Nokia 8である可能性も残されています。

いずれにせよ、本当に来月19日に発表されるのであれば、年明け早々にも何らかの告知が行われるはずですので、続報に期待したいところです。

[FCC via Android Crunch via Phone Arena]