Tencent Digital Newsは18日(現地時間)、「Galaxy S9」のバッテリー容量に関する情報が、新たにリークされたことを伝えています。

新たにリークされた情報によると、Galaxy S9には容量3,200mAhのバッテリーが搭載され、「Quick Charge 3.0」にまで対応する見通しとのこと。

バッテリー容量については、現行機種「Galaxy S8」比で200mAh増となりますが、急速充電規格については、変更がない模様です。

一方で、直近の情報においては、Galaxy S9は、Galaxy S8よりも一回り小型化する可能性が指摘されていますが、今回の情報と併せてどちらも事実であるとしたならば、筐体の小型化とバッテリーの大容量かが同時に実現されることとなります。

増加する容量が200mAh程度ならば、内部設計の改良や採用するパーツの見直しなどによって、小型化との両立も不可能ではないように思われますが、はたして。続報に要注目です。

[Tencent Digital News via Keyforweb via SamMobile]