9to5Macは2日(現地時間)、新たに提供が開始された「iOS 11.2」へとアップデート後、「iPhone X」の「Face ID」機能が正常に動作しなくなる不具合の発生が報告されていることを伝えています。

9to5Macによると、iOS 11.2へとアップデートした後に、Face IDを利用して端末のロックを解除した際に、“Face IDを起動させられない” 旨を伝える通知が表示される不具合が続発したとのことです。

幸いにも、ほとんどのケースにおいて、端末の再起動により問題の解決が図られているようですが、中には再起動では不具合が解消されない場合もある模様。

なお、現在までにこの不具合の修正を図るマイナーアップデートが実施されていないところを見るに、致命的かつ永続的な不具合という訳ではなさそうです。

[9to5Mac]