モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社は19日(日本時間)、「Moto Z」シリーズの専用モジュール「Polaroid インスタプリンター」を、日本市場において2017年12月21日に発売することを発表しました。

同製品は、既に海外市場では発表されていましたが、今回新たに国内市場での発売が発表された形となります。

Polaroid インスタプリンターは、ポラロイドカメラと同様に “スマートフォンで撮影した画像をその場で印刷する” ことを可能にするモジュールですが、新たに撮影した画像のみならず、既にSNSやGoogle Photos上に投稿されている画像についても、印刷可能とのことです。

また、印刷する前にフィルターを利用して画像を加工したり、文字を書き込むことができるほか、印刷した写真の背面シールを剥がすことで、様々な場所に張り付けることも可能とされています。

なお、満充電時における連続撮影可能枚数は20枚。直販価格1万7800円(税別)で、今月21日より販売が開始される予定です。

[日本経済新聞]