Geeky Gadgetsは13日(現地時間)、「Galaxy S9」の図面が、新たにリークされたことを伝えています。

図面には「Galaxy S8」と良く似た端末の姿が描かれていますが、背面部のカメラモジュール周りの仕様を見ると、Galaxy S8とは異なる端末のものであることが分かります。

Galaxy S8の指紋認証センサーはメインカメラの真横に配置されており、世界中のユーザーから改善を望む声が寄せられていますが、Galaxy S9においては、カメラレンズの真下へと位置が変更されました。

また、先日リークされた情報を加味して考えるに、カメラレンズの真横に配置されている小さな楕円形には、LEDフラッシュと心拍センサーが搭載されているものと推察されます。

一方で、Galaxy S9シリーズが、シリーズ初のデュアルカメラ搭載機となることを示唆する情報が、これまでに数多くリークされてきましたが、図面を見る限り、Galaxy S9は、現行シリーズから引き続きシングルカメラシステムを採用している模様

これまでの情報と今回の図面、どちらも “真実” であるとするならば、デュアルカメラは「Galaxy S9+」にのみ搭載されるということになります。

先日リークされた「Galaxy S9」のCADデータ

また、先日には、生産施設から流出したとされるGalaxy S9のCADデータもリークされていますが、デュアルカメラが搭載されているところを見るに、どうやら実際にはGalaxy S9+のデータであった模様です。

なお、Geeky Gadgetsによると、Galaxy S9には、「Snapdragon 845」または「Exynos 9 Series 9810」が搭載され、RAM容量は最低6GB、ストレージ容量は最大512GBに達する見込みとのこと。続報に要注目です。

[Geeky Gadgets via Phone Arena]