Mobielkopen.netは21日(現地時間)、「SM-G880N0」という型番の端末の “正体” について、韓国サムスンが公式に明らかにしたことを伝えています。

SM-G880N0については、既にBluetooth SIGWi-Fi Allianceの認証を通過したり、公式サポートページ上に存在が確認されたりしていましたが、これまではサムスン初の折り畳み式スマートフォン「Galaxy X」として発表される可能性が有力視されていました。

しかしながら、サムスンは今回、高速で移動する鉄道内でも安定した高速通信を可能にするLTE方式をベースにした鉄道向け通信技術「LTE-R(Railway)」を発表。そのプレスリリースによると、SM-G880N0は、LTE-Rに対応するプロフェッショナル向けタフネススマートフォンとして登場するとのことです。

SM-G880N0については、その登場が着々と近付きつつあることを示唆する情報が報じられていただけに、今回の発表は、Galxay Xに期待を寄せる多くのユーザーに肩を落とさせるものとなりました。

なお、直近の情報によると、Galaxy Xは、紙と同じようにほぼ完全に半分に折り畳める端末として、韓国市場において数量限定で発売される見通しとのことです。

[サムスン via Mobielkopen.net via Phone Arena]