韓国サムスンは19日(現地時間)、最新ミッドレンジファブレット「Galaxy A8(2018)」および「Galaxy A8+(2018)」を発表しました。

Galaxy A8(2018)シリーズの特徴として、「Galaxy S8」シリーズや「Galaxy Note8」などの現行フラッグシップモデルと同じく、アスペクト比18.5:9の「Infinity Display」を搭載している点が挙げられます。

また、フロントカメラに、1,600万画素センサーと800万画素センサーで構成されるデュアルカメラシステムを採用。いわゆる “ポートレートモード” がフロントカメラにおいても実現され、より美しいセルフィー撮影を楽しめるようになりました。

以下は、Galaxy A8シリーズの主なスペック。

Galaxy A8(2018) Galaxy A8+(2018)
OS Android 7.1.1 Nougat

ディスプレイ

サイズ 5.6インチ 6.0インチ
パネル Super AMOLEDディスプレイ
解像度 フルHD+(2220×1080)
SoC Samsung 2.2GHz オクタコア Exynosシリーズ(※詳細非公開)
RAM 4GB 4 / 6GB
ストレージ 32 / 64GB
メインカメラ 約1,600万画素
フロントカメラ デュアルカメラ(約1,600万画素 + 約800万画素)
ネットワーク 4G LTE(Cat.11)
ワイヤレス Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 3,000mAh 3,500mAh

その他

microSDカードスロット(最大256GB)
USB Type-Cポート
指紋認証機能
急速充電機能
防塵防水機能(IP68相当)
本体重量 149.2(W) × 70.6(D) × 8.4(H) mm 159.9(W) × 75.7(D) × 8.3(H) mm
外形寸法 172g 191g

両機種とも全体的に非常に充実した仕様に仕上げられており、ミッドレンジモデルとしては申し分ない基本性能を備えている印象を覚えます。

なお、Galaxy A8(2018)とGalaxy A8(2018)は、それぞれ499ユーロ(約6万7000円)または599ユーロ(約8万1000円)で、来月中にも欧米市場にて発売される予定とのことです。

[Phone Arena / Android Authority]