WinFuture.deは28日(現地時間)、米クアルコムの未発表ミッドレンジSoC「Snapdragon 670」、「Snapdragon 640」および「Snapdragon 460」のスペックが、新たにリークされたことを伝えています。

新たにリークされたスペック表によると、Snapdragon 670は、「Kryo 360 Gold」と呼ばれる新型高性能CPUコアと、「Snapdragon 845」にも採用されている省電力CPUコア「Kryo 385 Silver」をそれぞれ4基ずつ搭載するオクタコアSoCになるとのこと。

また、GPUには、新型モデル「Adreno 620」を搭載するほか、画像処理に特化したプロセッサである「ISP(イメージシグナルプロセッサ)」も、「Spectra 260 ISP」へと進化している模様です。

一方で、Snapdragon 640も、8基のCPUコアとSpectra 260 ISPを搭載するオクタコアSoCとなる模様ですが、その構成は2基のKryo 360 Goldに加え、6基の新型省電力コア「Kryo 360 Sliver」に変更されています。

そして、今回新たに存在がリークされた中で最も下位モデルとなるSnapdragon 460は、そのKryo 360 Silverを8基搭載するオクタコアSoCとなっており、ISPには、新型モデル「Spectra 240 ISP」が採用されているとのこと。

そのほか、Snapdragon 640およびSnapdragon 460には、それぞれ新開発のGPU「Adreno 610」と「Adreno 605」が採用されている模様です。

なお、各プロセッサの登場時期については判明していませんが、早ければ2018年第1四半期中にも発表される見込みとされています。

[WinFuture.de via Phone Arena]