株式会社NTTドコモは18日(日本時間)、2017年夏モデル「Xperia XZ Premium SO-04J」に対して、「Android 8.0 Oreo」へのOSアップデート提供を開始しました。

既に先日、早ければ2017年12月中のOSアップデート実施がソニーによって公式に予告されていましたが、ついに本日、公約通りに提供が開始されました。

今回のアップデートにより、「ピクチャー イン ピクチャー」機能が実装されたことにより、マルチタスク性能が大幅に向上したほか、一部の対応アプリ利用時に、ログインやパスワードなどを入力する手間を省いてくれる「自動入力」機能なども実装。

さらに、背面部のカメラを利用して3Dデータを生成できる「3Dクリエイター」機能や「静止画歪み補正」機能に加え、「笑顔を検知して自動で先読み撮影する機能」に「オートフォーカス連写機能」など、カメラ周りの機能性も大きく強化されます。

また、新たに4波キャリアアグリゲーション(CA)に対応するほか、セキュリティパッチレベルも2017年11月基準にまで引き上げられるとのこと。

なお、端末の設定メニューから「端末情報」の項目へと進み、さらに「Androidバージョンアップ」を選択することで、OSのアップデートを開始することが可能です。

[株式会社NTTドコモ via ケータイWatch]